• 知の構造化センター シンポジウム

  • 
          東京大学 知の構造化センターは、大量に存在する学術情報や医療情報、実世界データやウェブ上のデータを収集し、
          さまざまな構造化手法を用いて構造化することで、社会的な価値につなげていくことを目的とする研究センターです。
          これまで、約3年間にわたって、活動を行ってまいりましたが、さまざまな形で目に見える成果が出ており、これを
          多くの人にご報告するとともに、関係する研究者の方をお招きし議論することで、今後の発展につなげていければと
          考えております。
    
    

     

  •  日時場所  
     ・ 日時:2011年2月5日(土)10:00 - 17:00 
     ・ 場所:東京大学本郷キャンパス 福武ホール  Map
     ・ 参加費無料 (たくさんのご応募ありがとうございました。2月3日をもって参加募集の締切を致しました)
    
     ・ Twitterハッシュタグ #cks11
     ・ USTREAM配信はこちらです。
    
    
     プログラム    
     ・ 10:00 - 10:05   開会挨拶   松本洋一郎(東京大学理事・副学長)
     ・ 10:10 - 10:40   基調講演   長尾真(国立国会図書館長)
     ・ 10:40 - 12:30   セッション1 「思想の構造化(人文社会知識の構造化」 
                          吉見俊哉(東京大学大学院情報学環 教授)
                          美馬秀樹(東京大学大学院工学系研究科 工学教育推進機構 准教授)
                          キャロル・グラック(コロンビア大学 教授 ※ビデオレター)
                          下田正弘(東京大学人文社会系研究科 教授)
                          合庭惇(元岩波書店「思想」編集長・元同編集部長兼ニューメディア開発室長、国際日本文化研究センター名誉教授)
                         『思想』の構造化WSチーム(東京大学大学院博士課程)
    
     ・ 12:30 - 13:30    休憩
    
     ・ 13:30 - 14:15   セッション2「集合知の構造化」
                          大向一輝(国立情報学研究所コンテンツ科学研究系 准教授)
                          中山 浩太郎(東京大学 知の構造化センター 特任助教)   
    
     ・ 14:20 - 15:05   セッション3「産業技術の構造化」
                          橋本正洋(特許庁 審査業務部長)
                          松尾豊(東京大学大学院工学系研究科 総合研究機構 准教授)
    
     ・ 15:05 - 15:25    休憩(コーヒーブレイク)
    
     ・ 15:25 - 16:10   セッション4「医療の構造化」
                          大江和彦(東京大学大学院医学系研究科 教授)
                          荒牧英治(東京大学 知の構造化センター 特任講師)
    
     ・ 16:10 - 16:55   パネルディスカッション(司会:松尾豊)
                          中島秀之 公立はこだて未来大学 学長
                          西田豊明 京都大学情報学研究科 教授
                          大江和彦、大向一輝、橋本正洋、荒牧英治、中山浩太郎
    
     ・ 16:55 - 17:00   閉会挨拶 堀井秀之(東京大学 知の構造化センター センター長)