• 知の構造化センター シンポジウム 2012

  • 
          東京大学 知の構造化センターは、大量に存在する学術情報や医療情報、実世界データやウェブ上のデータを収集し、
          さまざまな構造化手法を用いて構造化することで、社会的な価値につなげていくことを目的とする研究センターです。
          今年のシンポジウムでは、大量のデータを取り扱う環境が整備されてきたことで、どのような新しい未来が拓かれる
          のかに焦点をあて、「医療」「デザイン」の2つに着目したいと思います。知の構造化技術がさまざまな領域で使われる
          ための議論を皆様方とできればと考えております。
    
    

     

  •  日時場所  
     ・ 日時:2012年2月4日(土)10:00 - 17:00 
     ・ 場所:東京大学本郷キャンパス 福武ホール  Map
     ・ 参加費無料【事前申込制】
     ・ 定員:180名
    
    
     プログラム    
     ・ 10:00 - 10:10   開会挨拶   松本洋一郎(東京大学 理事・副学長)
     
     ・ 10:10 - 11:30   第一部 「時空間デザインと知の構造化」 
                          「空間デザイン支援プロジェクト」岡瑞起(東京大学知の構造化センター 特任研究員)
                          「ワークショップからのデザイン」逸村裕(筑波大学大学院図書館情報メディア研究科 教授)
                          「大規模データの時代の新しいデザイン理論とは?」池上高志(東京大学大学院情報学環 教授)
                          
     ・ 11:30 - 12:20   パネルディスカッション「知の構造化が作り出す新しい時間と空間のデザイン」
                          逸村裕
                          池上高志
                          岡瑞起
                          松尾豊(東京大学 知の構造化センター 准教授)
    
     ・ 12:20 - 13:30    休憩
    
     ・ 13:30 - 14:20   招待講演 「質問応答システムWatsonの医療応用」武田浩一(日本IBM東京基礎研究所 Senior Technical Staff Member)
    
     ・ 14:20 - 15:10   第二部 「医療と知の構造化」 
                          「医療における知の構造化とは」荒牧英治(東京大学知の構造化センター 特任講師)
                          「テキスト解析による副作用マイニング 」富士ゼロックス研究チーム
    
     ・ 15:10 - 15:30    休憩(コーヒーブレイク)
    
     ・ 15:30 - 16:40   パネルディスカッション「医療における情報化と知の構造化の新しい可能性」
                          武田浩一
                          今井健(東京大学大学院医学系研究科 助教)
                          宇於崎宏(東京大学医学部人体病理学 准教授)
                          狩野芳伸(JST さきがけ研究者)
                          桜井亮太(東京大学医学部附属病院 特任助教)
    
     ・ 16:40 - 17:00   閉会挨拶   堀井秀之(東京大学知の構造化センター センター長)

     

 

申し込み先

*定員に達しましたので、事前の参加申し込みを締め切りました。
たくさんのお申込み、ありがとうございました。

 

問い合わせ先

東京大学 知の構造化センター事務局
sec-cks at cks.u-tokyo.ac.jp(atを@に置き換えてください。)